Adobe Stock(アドビストック)で写真販売!

Adobe Stock(アドビストック)で写真販売!

みなさん、ストックフォトサービスってご存知ですか?

印刷会社や出版社が写真を必要とする際に、多くの写真や動画から適当なものを選択し使用ライセンスを購入することのできるサービスです。
個人でもサイトやブログ運営をされている方は利用したことがあると思います。
投稿記事につけるアイキャッチ画像などを探す際にはとても重宝します。

このストックフォトサービスでは、自分の撮影した素材写真や描いたイラストを提供して販売することもできます。

有名なところでは、
Adobe Stock(アドビストック)
PIXTA(ピクスタ)
shutterstock(シャッターストック)
などがあります。

今回は、私も登録しているAdobe Stock(アドビストック)についてお話ししたいと思います。

 

Adobe Stock(アドビストック)の特徴

Adobe Stock(アドビストック)では素材投稿者をコントリビューターと呼びます。
プロ・アマ問わず、手持ちの写真やイラスト、動画をAdobe Stockで販売することができます。

Adobeのサービスなので、Photoshop CCやLightroom CCなどのAdobe Creative Cloudとの連携ができることが、他のストックフォトサービスにはない特徴です。
Adobe Stockを利用する側は、Photoshop CCなどで作品の作成中に必要な素材を直接ダウンロードすることができますし、投稿する側は、現像した写真をLightroom CCから直接アップロードすることができます。

Adobe Stockでは1億点以上の素材が提供されていますから、素材を探す手間を大きく省くことができます。
素材を提供する側からすれば、購入される機会がグッと増えることになります。
Adobe Stockコントリビューターになるメリットは大きいです。

Adobe Stockコントリビューターアカウントの作成手順は、詳しく紹介しているサイトがたくさんありますから、そちらを参考にしてください。

 

素材写真の登録

Adobe Stockでは自由に素材写真を販売できる訳ではありません。
審査を通過した写真だけが、販売可能となります。

その審査ですが、結構厳しくなっています。
審査で不採用になる理由としては、

ピントのブレ
美しさまたは商業的アピールの欠如
類似作品が提出済み
知的財産権の侵害
アーチファクトの問題
があります。

ピントがあっている部分がない写真や、ブレている写真はNGです。
すでにAdobe Stockに多く登録されているテーマの写真も採用されにくいです。
肖像権や知的財産権に触れそうな写真も、もちろんNGです。
過度のレタッチを施している写真もNG。
と、色々と厳しいですから、不採用になってもめげずに登録を続けていく必要があります(笑)

 

素材提供者の報酬

販売された場合、報酬は販売価格に対して写真とベクター作品では33%、動画では35%となっています。

購入者のAdobe Stockとの契約形態や購入された写真サイズにより販売価格は変化します。

一枚100円前後の報酬になることが多いです。

報酬額が50ドル以上(7500円以上)になると、振込申請をすることができます。

PayPalかSkrillで受け取りができます。
私も受け取りのためにPayPalのアカウントを作りました。

 

購入してもらうには

やはりたくさんの写真を登録することが第一です。
実はAdobe Stockには1年前にアカウントを作り、数十点ほど写真を登録してからは放置状態です。
それでも、ぽちぽちと売り上げが上がっていますから、もう少し本格的に写真を登録していこうかなと思っています。

気づいたことですが、売り上げを伸ばすにはスタートダッシュが大事です。
登録されたばかりの写真は購入者の検索結果に比較的上位に表示されるようです。
新たに写真を登録して、運良くすぐにでも購入してもらえると、購入者の検索結果にさらに上位に表示されるようになります。
ですから、ますます購入してもらえるチャンスが増え、購入されるとさらに掲載順が上がるという好循環が生まれるます。
最初につまづき、長く売れない状態になると、多くの作品の中に埋もれてしまい、見つけてもらえるチャンスはとても少なくなってしまいます。

売り上げを伸ばすためには、需要のある写真を登録していくことは第一ですが、登録の際のキーワードの選択がとても重要になってきます。

どんな写真に需要があるのかは、サイトやブログを運営している方にはわかりやすいと思います。
記事にアイキャッチ画像をつけるとき、どんな写真が必要かを考えてみると良いです。
そんな写真を皆さん求めてます。

人物の写真が使いやすいのは確かです。
しかし、モデルさんを使った撮影は色々と大変ですよね。
人気分野ですから飽和状態でもあります。

人物でなくても、需要のある写真とはどんなものがあるのか、試行錯誤していこうと思っています。

 

以上、Adobe Stock(アドビストック)についてでした。

写真活用カテゴリの最新記事