写真初心者に注意してほしいカメラの選び方

写真初心者に注意してほしいカメラの選び方

スマホカメラで写真の楽しさや魅力を感じてきたみなさん。
そろそろ一眼レフカメラやミラーレスカメラが欲しくなってませんか?

今回は、カメラ選びのコツについての話しです。

スマホカメラで写真を撮り続けていて、次に出てくる欲求が、

「もっと背景のボケた写真が撮りたい」
「夜景をきれいに撮りたい」
「動き回るペットを可愛く撮りたい」

などですよね。

そうすると当然、一眼レフカメラやミラーレスカメラが気になりますよね。

「よし!思い切って買うことにしよう」
と決意し、早速カメラ選びの始まりです。
で、情報集めです。

カメラ雑誌やネットにはたくさんの情報があふれています。

『初心者におすすめのカメラ特集』
『失敗しないカメラ選び』

といったタイトルの記事がいくつも見つかります。
そこには、各カメラメーカーのエントリー機種が並んでいますよね。
これらの記事が薦める機種の中から選ぶのが間違いだとは言いません。

でも、ここで少し考えて欲しいことがあります。

カメラを買おう思った動機です。

冒頭に書いた、

「もっと背景のボケた写真が撮りたい」
「夜景をきれいに撮りたい」
「動き回るペットを可愛く撮りたい」

などの動機があるはずです。

そして、今選ぼうとしている機種で、それが実現できるのかということです。

一眼レフカメラやミラーレスカメラの利点は、つけるレンズによって様々な撮影場面に対応できるところです。
ですから購入の際には、レンズのことも念頭に置かなければ、思っていたような写真が撮れないかも知れません。

各メーカーが初心者用とうたって出しているエントリー機種には、レンズキットという、標準レンズがセットになっているものも販売されています。あとでカメラとレンズを購入するよりは割安になっています。

カメラを買って何を撮ろうかと、まだ漠然としている方には、このようなセットを買って、まずたくさんの写真を撮りながら、自分の撮りたいテーマを見つけるのも悪くありません。

しかし、自分の撮りたい写真が決まっているのであれば、話しは別です。

花がメインの被写体だという方は、キットレンズではなく、マクロレンズを検討してみるのも良いですし、スナップ写真を素早く撮りたいといった方には、単焦点レンズが良いかも知れませんね。
スポーツなどの動きものを撮りたいという方は、フォーカス性能の良いカメラやレンズを選ぶことが大切です。

このように、

「自分の撮りたい写真が、撮りやすいカメラやレンズは何?」

を基準に選ぶことが大切だと思います。

ひょっとすると、その撮影目的のためには、エントリー機種よりも少し高価な機種の方が適しているかも知れません。
レンズにしてもそうです。

極論ですが、予算やサイズ的なことを考えないのであれば、各メーカーの最高級機が一番初心者に良いと思っています。
エントリー機種に比べ、いろんな面で、楽に、速く、撮影ができます。
写真初心者が、エントリー機種から始めなければならない理由などありません。

自分の撮りたいテーマに高級機や高価なレンズが必要であれば、思い切ってそれらを購入して「写真」を始めるのもひとつの方法だと思います。
あくまでも予算が許せばの話ですが^^;

「趣味が長く続かないかもしれないから高いカメラを買うのが不安」

という声も良く聞きます。

でも、カメラはエントリー機種とはいえ、結構な金額です。もし自分の撮りたい写真が撮れないからとやめてしまった場合、それこそ無駄になってしまいます。

写真を趣味とする先輩方にも、

「まわり道をしたために、結局高い費用がかかってしまった」

という方がたくさんいらっしゃいます。

人ごとではなく、私もそうでした。

写真を始めた時に選んだのは、コンパクトデジカメでした。でも直ぐに物足りなくなり、一眼レフに移行したのですが、その時にも取り敢えずといった感じでエントリー機種のレンズキットを選択してしまいました。

でもそれも満足できませんでした。花を撮影するのに、もっと近づいて撮りたい。もっと花を大きく撮りたい。
とマクロレンズを追加購入してしまいました。

あとはお決まりのコースです。(笑)

レンズのみならず、カメラ本体も買い換えることが続き、
結局、無駄なお金を費やしてしまう結果に(^-^;

その後も俗にいう「沼」にはまってしまいました。
皆さんも「沼」には十分気をつけてくださいね。笑

ここまで読んで、なんだか高級機を薦めているように思われたかも知れませが、
誤解しないでくださいね。
決して高級なカメラやレンズを買いなさいと薦めているのではありません。
自分の撮りたい写真が少しでも撮りやすくなるような機種選びをしてくださいということです。

予算もありますから、カメラやレンズが無駄にならないような購入プランを立ててください。
撮りたい写真の幅が広くなった時には、カメラやレンズの追加購入を考える必要も出てくるでしょう。

写真SNSなどで、自分の撮りたい写真を探して、使われているレンズを確認し、そのレンズが使用できるカメラを選択していくのも悪くありません。
レンズは、写真ライフの財産になりますから、気に入った写真が撮れるのであれば、少し値がはるものでも後悔は少ないと思います。

 

写真初心者だからといって、エントリー機種に縛られず、あなたの利用目的に合わせて、もっと幅を広げて選ぶことが一番です。
選択のために、いろんなカメラやレンズの情報を調べることも良い勉強ですよ。

以上。

 

関連記事

 

カメラカテゴリの最新記事