デジタル写真をフィルム写真風に

デジタル写真をフィルム写真風に

どうも、syarakuです。

今回は、デジタル写真をフィルム写真風にして楽しもうというお話です。

独特の味を持つフィルム写真

現在のカメラはデジタルカメラが主流です。
私もデジタルカメラで写真を始めました。

最新のデジタルカメラは高感度にも強く、解像度も高くなっていて、撮れる写真は鮮明でシャープです。しかし、フィルムカメラの愛好家もまだまだ多いようです。
写真SNSサイトなどでは、色鮮やかなデジタル写真がずらりと並んでいますが、そんな中にどこか懐かしい感じのフィルム写真を目にすることがあります。
フィルム写真特有の味があってとても良い感じです。
そんな写真を撮りたい時もあるのですが、フィルムカメラを購入してみようとまではなっていません。(今のところ)。

記録メディア容量の許す限り、何枚でも撮影できる。
撮影した写真をすぐに確認でき、失敗した時にはすぐに撮り直しができる。
そんなデジタルカメラの便利さを享受している今、フィルムカメラはちょっと敷居が高いです。

それでもフィルムカメラの味も捨てがたい。
もう少し手軽にフィルム写真を楽しみたい。
そう考える方も多いようで、「写ルンです」やインスタントカメラ※がブームになっているようです。

これも面白そうですね。(写ルンですの現像代が高いのは置いといて)

インスタントカメラ

写真を撮ってすぐに現像ができるフィルムを使ったカメラです。
これを実用化したポラロイドの名前から「ポラロイドカメラ」と一般的に呼ばれます。
ポラロイド以外にも日本では富士フイルムも「チェキ」などを出しています。
写真を撮ってすぐに、その場で写真を見ることができるというのが大きな魅力ですね。最近は若い女性にも人気だとか。

 

それでは、フィルムカメラがなくても、フィルム写真の味を楽しむことができる方法を述べていきます。

デジタル写真をフィルム写真のような味で楽しむ方法

オールドレンズを楽しむ。

オールドレンズ=フィルムカメラに使われてきたレンズです。マウントアダプターを使用してデジタル一眼レフやミラーレスカメラで楽しむことができます。デジタルカメラ用レンズは結構値段も高いですが、中古のオールドレンズは値段が安くなっているものが多いです。
中古カメラの店で数千円で手に入るレンズもあります。これは大きな魅力ですね。
デジタルカメラ用レンズに比べて、彩度やコントラストが低めで、独特なボケ味を持つものが多いです。

昔のレンズですから、フレア※がふんだんに入ったり、周辺減光※がひどかったりしますが、そのマイナス面が逆にレトロな味を出してくれるのが魅力です。

フレア

レンズを太陽に向けた場合に、写真が白みを帯びたような状態になる現象です。

周辺減光

レンズの中心部の明るさに比べ、中心から離れるほど暗くなる現象です。解放F値(絞りF1.8やF2.8というやつです)が小さくなるほど、広角のレンズ(焦点距離14mmとか18mmとかいうやつです)になるほど出やすくなります。

アプリなどでフィルム写真風に現像

RAWデータ現像時にフィルム写真っぽく調整したり、画像処理アプリなどでそれっぽく加工するのも楽しいです。
写真を加工することに否定的な方もいらっしゃるかもしれませんが、あまり難しく考えず楽しみましょう!どっちみちカメラ内で各カメラメーカーの色に加工されたjpegデータになっているのですから。

パソコンをご利用の場合

LightroomやPhotoshopを利用してフィルム写真風に調整します。

フィルム写真風とはいっても、そのイメージは様々ですが、基本的には

・明度をあげる

・彩度を下げる

・粒状感を加える

といった調整を加えます。

もっと手軽に楽しみたいという場合には、ワンタッチでフィルム写真風に加工してくれるプラグインもありますから利用するのも良いでね。

以前、Googleが提供していた「NiK Collection」というプラグインを私も使用していましたが、Googleはサービスを中止してしまいました。現在、DxOが開発を継続中で2018年6月に提供開始予定ということなのでサービス開始を楽しみにしています。

スマホアプリにある「VSCO」のパソコン版に「VSCO film」というソフトがあります。スマホアプリ版をよく使用していますが、とても良い感じに加工してくれますから、このパソコン版にも大変興味があります。いつか購入して見たいと思っています。

スマホをご利用の場合

フィルム写真風に加工することのできるアプリがたくさんあります。

私は、「VSCO」、「Snapseed」、「RNI Films」というのをよく使用します。全て無料で使用できます。どれもとてもいい感じにフィルム風写真にしてくれます。
「VSCO」は無料で手に入るフィルターだけでも十分に楽しめますが、物足りない方には有料でもっとたくさんのフィルターが用意されています。

また「Huji Cam」(ちょっと微妙なネーミングですが^^;)のように iPhone のカメラ自体をインスタントカメラにしてしまうというアプリもあります。

気に入ったアプリを入れて、フィルム風の写真を楽しんでください。

LightroomやPhotoshopを利用したフィルム写真風の調整、アプリを使った加工については、また別の記事を用意したいと思っています。

では、今回はここまでに。

 

関連記事

 

 

 

レタッチ・加工カテゴリの最新記事