iPhoneカメラで写真撮影を楽しむ!

iPhoneカメラで写真撮影を楽しむ!

最近のスマホカメラ機能の進化には驚かされます。もはやちょっと前のコンパクトデジカメ並みです。さらにスマホならではの便利さがあります。撮ったその場で友人にメールしたり、SNSにアップしたり。
また、スマホはいつも身につけていますから、シャッターチャンスは格段に増えます。

このように写真の撮影において利点の多いスマホカメラですから、当然、スマホで写真撮影を楽しむ方が増えています。その影響でコンパクトデジカメが売れなくなりカメラメーカーは苦戦しているようです。つい最近もカシオがコンパクトデジカメから撤退なんていう寂しいニュースがありましたね。
今回は、そんなスマホカメラ(iPhoneカメラ)での写真撮影を楽しむお話です。
私はiPhoneを使用しているので、iPhoneカメラが前提になりますが、概ねはスマホカメラ全体に当てはまると思います。

明るい場所での撮影ならとても便利

その進化には素晴らしいものがあるiPhoneカメラですが、そのセンサーサイズの制約もあり、苦手な場面はあります。基本的に暗い場所での撮影は苦手です。ピントもあいにくくなりますし、ノイズも多くなります。
また、背景を大きくぼかした写真も苦手です。私の使用しているiPhone7プラスにはデュアルレンズが搭載され、背景をぼかした写真を撮れるようになりましたが、やはり一眼レフに明るい単焦点レンズを使って撮った写真とは違いを感じます。(それでもiPhoneで背景をぼかした写真を撮れること自体驚きですが。)

ですが、iPhoneカメラの実力が最大限に引き出せる場面ではとても便利なカメラです。

昼間に撮った写真はデジカメと比べても遜色ない写りです。撮ってその場でアプリを使い、イメージに合わせることもでき、さらにはメールしたりTwitterやInstagramなどのSNSにアップしたりもできます。

iPhoneは、いつも持っていますからシャッターチャンスに強いです。「あっ、いいな」と思ったらすぐに構えて撮ることができます。一眼レフカメラは大きくて重いので日常カバンに入れておくことはあまりありません。もしカバンに入れていたとしても、カバンから取り出し、設定を確認して、といった手順を踏むことになり、つい撮ることをためらってしまいます。

その時には、「あっ、いいな」と思った瞬間はなくなってしまいます。

撮りたい被写体に出会ったすぐその瞬間に撮影ができる。

写真を撮ることにおいて、この点はとても大事です。
そういった意味ではiPhoneカメラは最強です。

photo_4

いい感じにホームに人影が  iPhoneで撮影

iPhoneカメラで撮る際の注意点

手ブレに気をつける

iPhoneは携帯ですから、いつも身につけているという最大の利点があります。

しかし、その小さくて軽いという携帯性ため、iPhoneカメラを構えた時に安定せず手ブレが起きやすいという欠点もあります。iPhone7には(おそらく最新のスマホにも)「手ブレ補正機能」が搭載され、自動的に手ブレ補正してくれますが、補正には限界もあります。きちんと手ブレを抑えて撮ることを心がけてください。
iPhoneカメラに限らず、カメラで写真を撮る際には、持ち方が大切です。右利きの方の場合は、左手をL字形にしてiPhoneを乗せるようにして持ち右手で安定させます。左利きの方はもちろん逆になります。片手で持って撮影する方が多いのですが片手ではブレやすいです。必ず両手でiPhoneを持ち、両脇をしっかり締めて撮影します。こうすれば、手ブレはかなり防げます。

自撮りの場合はどうしても片手持ちになりますが、その場合はiPhoneの下側を持たずに、iPhoneを手のひらで包むように持ってください。
バーストモード(連続撮影モード)で撮るとお気に入りの写真が撮れる可能性が高くなります。

被写体にピントを合わせる

撮りたい被写体に画面タッチしてピントを合わせます。
露出はタッチしてピントを合わせた被写体の明るさに合わせて決まります。被写体が暗い場合は明るく、逆に明るい場合は暗くなります。明るすぎる、または暗すぎるという場合はピントを合わせた囲みのすぐ横にあるマークをスライドさせて調整します。(iPhoneカメラの場合です。お使いのカメラの機能を確認してください。)

自撮りの場合は明るい場所で

自撮りは出来るだけ明るい場所を探してください。
窓際など光の当たる場所が良いです。光が足りない場合は顔の下に白いハンカチなど、光を反射するものを置くと効果があります。もう一台のスマホを使って明かりを当てて撮影する方もよくみますね。

写真アプリで楽しむ

撮影した後に写真アプリで加工するのも楽しいです。
◯暗く撮れてしまった写真を明るく補正する。
◯余計に写り込んだ周辺をトリミングしてカットする
◯彩度を調整してみる
◯モノクロ写真にしてみる、など<
写真アプリはたくさんありますから色々と試してみるのも楽しいですよ。

「あっ、いいな」と感じたらすぐに構えてシャッターを切ることができるのがiPhoneカメラの最大の利点です。

シャッターチャンスを逃さずに、その機動性を活かしてiPhoneカメラでの撮影を楽しみましょう!

 

スマホにたくさんの写真が保存されていて、残り容量が厳しくなっている方、こちらの記事もぜひ参考にしてください。

カメラカテゴリの最新記事