RAWデータでも保存がおすすめ! 一眼レフの写真保存形式

RAWデータでも保存がおすすめ! 一眼レフの写真保存形式

一眼レフカメラやミラーレスカメラでの撮影を楽しんでいるみなさん、
写真の保存形式というのを意識したことはありますか?
一眼レフカメラやミラーレスカメラが保存する写真データの形式には、「JPEG」と「RAW」があります。

「JPEG」という形式は、カメラ初心者の方もよく耳にすると思いますが、「RAW」という形式はなじみがないかもしれませんね。

で、今回の記事の結論から言うと、

大事な写真は必ず、「RAW」形式でも保存しておきましょう

ということです。

まず、この二つの保存形式を簡単に説明しておきますね。

 

「JPEG」と「RAW」とは

「JPEG」形式

「JPEG」というのは、画像データの圧縮形式のひとつです。
圧縮率が高くデータ容量を小さくすることができます。
一眼レフカメラやミラーレスカメラは、レンズを通して入ってきた被写体の情報を各カメラメーカーの画像処理エンジンが処理し、「JPEG」データに変換して記録メディアに保存します。
その画像処理エンジンにより、各カメラメーカーの写真の色というのが出てきます。
ですから、「JPEG」データというのは、カメラメーカーにより、すでに加工されているデータです。

「RAW」形式

「RAW」というのは、レンズから入る光の情報を、画像処理エンジンが加工をする前の「生(raw)」の状態のデータです。
カメラメーカーにより、そのデータの内部形式が違うため、表示や現像には、その「RAW」形式に対応している、現像ソフトが必要になります。

 

「JPEG」と「RAW」の利点と欠点

「JPEG」データは先ほどもいいましたが、圧縮データですから、容量を小さくすることができます。2000万画像程度の写真で5MBから10MB程度です。どのパソコンやスマホからでも見ることができるので、友達や家族にもすぐに渡してあげることができます。

しかし、パソコンで写真を現像する際には注意が必要です。
それは、「JPEG」データは「不可逆圧縮」データだということです。
「不可逆圧縮」データは、一度圧縮すると元には戻せません。ですから、画像処理ソフトで加工と保存を繰り返す度に画像が劣化してしまいます。

対して「RAW」データは、その容量は大きくなります。30MB程度はあります。専用ソフトが必要ですから、家族や友人に渡すのにも不向きです。
しかし、「JPEG」データと違い、情報の間引きされた圧縮データではありませんから、写真情報を生のまま持っています。
「JPEG」写真では黒くつぶれてしまっているようなところでも、同じ写真の「RAW」データを現像してみると、実際には写っていた物が見えてくることもあります。白飛びの場合も同じです。
(完全に黒くつぶれていたり、白く飛んでいて、データとして存在しない場合には無理です)
ですから、パソコン等で現像処理する場合には、この「RAW」データを使う方が多いです。
カメラメーカーの処理した色でなく、自分の写真の色を求める写真愛好家の方たちは、この「RAW」データを使って仕上げていくわけです。
圧縮されている「JPEG」データと違い、情報量が多い生のデータですから、現像時にも劣化しにくいです。

 

「RAW」データ保存のすすめ

「JPEG」データは、容量も小さく、処理できるソフトやアプリも豊富ですから、手軽に扱えるデータ形式です。
ですが、画像処理する度に画質は劣化していきますから、大事な写真には不向きです。

ですから、写真の保存には「JPEG」と「RAW」、両方の形式で保存しておくことをすすめます。
その分大きな容量の記録メディアが必要になりますが、大切な写真に比べれば安いもんです。

「LightroomやPhotoshop は使わないから」という方も、将来的には、使用することもあるかもしれませんし、保険のつもりで「RAW」形式でも保存しておきましょう。
現像だけであれば、メーカーが用意している、現像ソフトがカメラに同梱されてたり、ネットでダウンロードできるようになっていると思います。
例:
Digital Photo Professional(Canon)
Capture NX-D(Nikon)
RAW FILE CONVERTER EX powered by SILKYPIX(FUJIFILM)
など

以上、

カメラのデータ保存の設定は、「JPEG」➕「RAW」がおすすめ!
というお話しでした。

写真管理カテゴリの最新記事